敏感肌における化粧品の選び方や使い方

敏感肌とは、水や空気などに肌が触れると、ピリピリやチクチクとした痛みや違和感が現れることです。この場合、よく保湿した方が良いとか、とにかく肌に優しいものを使った方が良いなどの意見が散在していますが、基本的に化粧水をはじめとする化粧品によって、痛みや違和感を感じた場合には、一旦使用を中止して、肌をリセットさせることが重要になります。
そうはいっても、いつまでも化粧水などの化粧品を使わないわけにもいかないので、敏感肌の場合には、どのような化粧水などを選べば良いか、また正しい使い方などを見ていきましょう。


まず、肌に優しいという安易な理由だけで、オーガニック製品や天然素材の製品などを選ぶのはやめましょう。これらにも肌にとって刺激が強い成分が含まれていないわけではなく、そもそも肌に優しいという見方ではなく、どのような成分が入っているかに着目することが大切です。

オリジナリティに富むlivedoorニュースに関するご案内です。

この見分け方については、皮膚科やクリニックなとでパッチテストなどを行い、自分にはどのような成分と相性が良いかを確かめておくと効果的です。


その上で、各化粧品の成分をじっくりと読み、慎重に選ぶようにしましょう。


また、よく吟味して選んだ化粧品であっても、初めて使用する場合には、少量を肌へ馴染ませてみて、敏感肌特有の痛みや違和感が出ないことを、数日間試してみましょう。

敏感肌のスキンケアの選び方の情報を求める人におすすめです。

これによって痛みや違和感が出なかった場合には、安心して利用することが可能になります。